消費税及び地方消費税の中間申告と納付が必要な個人事業者とは 個人事業者の方で、平成28年分の確定消費税額(地方消費税額は含みません。)が48万円を超える方は、消費税及び地方消費税の中間申告と納付が必要です。

個人事業主では、開業して2年間は、消費税の納税が免除されます。 また、課税売上高が1,000万円以下の場合も、消費税の納税が免除されます。 消費税の支払い方法は、所得税と同じく、税務署や銀行の窓口で、一括して現金を支払います。 個人事業の事業承継があったとき、消費税の納税義務はどうなるの? 投稿日 : 2016年10月19日 最終更新日時 : 2018年1月26日 投稿者 : 天河浩二税理士事務所 カテゴリー : 消費税 , 税と経営のコラム 個人に報酬や外注費を支払う場合、消費税はつけて支払うの?結論から申し上げれば、個人に報酬や外注費を支払う場合には、消費税に相当する金額を上乗せして支払う必要があります。何度もいただくご質問なので、もう一度ここで説明をしておきます。 消費税には、その年の決算が来る前に消費税を納める中間納付という制度があります。中間納付をしなければならない人、中間消費税額の計算方法と納税方法まで、個人事業主にスポットを当てて、わかりやすく解説します。 個人事業主で売上が1,000万円を超えると、消費税課税業者になります。初めての消費税納税に不安や負担を感じている方も多いのではないでしょうか。消費税の仕組みや、少しでも納税額を抑える節税の方法はないのか、会社設立や還付など消費税節税の手法を紹介します。 消費税は「2年前の課税売上高が1000万円を超えた事業者は、消費税の課税事業者である」という原則があります。 つまり、個人事業主は、開業から2年以上が経過し、売上が1000万円を超えると、利益の有無にかかわらず、消費税を支払わなければなりません。 個人事業主として支払わなければならない主な税金は、所得税(税務署に納付する)、個人住民税(市県民税)、個人事業税(都道府県税事務所に納付する)、消費税、固定資産税、償却資産税 などがあります。 個人事業主の年間スケジュールを簡単にまとめました。まず、個人事業の場合は会計期間が1月1日~12月31日までと決まっています。なので、1月1日〜12月31日までの売上や経費を計算してまとめます。そして翌年の2月16日~3月15日の確定申告期間中に確定申告書類を税務署へ提出します。

個人事業主の場合、大きく分けて4つの税金を確定申告後納めなければなりません。 この記事ではそれぞれの税金の税率と納税時期をまとめました。 所得税・住民税・個人事業税・消費税・固定資産税・資 …

2019年10月より、消費税率が10%に引き上げられます。個人事業主の方のなかには、 不安を感じている方も多いのではないでしょうか。 この記事では、個人事業主にとっての消費税制度についての説明をしながら、クレジットカードで経費を払うメリットなどをご紹介します。 消費税の前払い.

個人事業主が支払う税金の種類.

個人事業主で消費税の課税事業者は、所得税の確定申告と一緒に申告を行い、3月4月ごろに消費税の納付を行います。 この納税が一定額を超える人については、期中に消費税の前払いの納付を行います。これが中間納付です。 消費税を納税する時の経理処理について、複雑でよくわからずお悩みの方も多いと思います。 租税公課(そぜいこうか)とは、簡単にいうと、会社や個人事業主が税金などを支払った時に使用する勘定科目です。 消費税を納税する時の経理処 […]

個人事業主・フリーランスが支払う税金には「消費税」もあります。普段の買い物で払う分じゃありませんよ。たくさん稼ぐとあなたの「売上」から消費税を納める必要が!課税所得者となる基準は?