ただし、VBAでオートフィルタのコードを書くときには注意が必要です。 色々と問題があるのですが、それらの問題を考慮した上で、オートフィルタの設定を行う関数と、解除を行う関数をページの最後で紹介しています。 オートフィルタの設定と解除方法 AutoFilterメソッドは設定と解除の両方を行う. データシートビューでは、簡単な条件でデータを抽出できます。実行した抽出は[フィルターの実行]をオフにすれば解除されますが、フィルターの条件は保存されているため、完全に解除するには条件を消去する必要があります。 excelの機能でデータベースを管理する場合、とても便利な機能でテーブル機能があります。このテーブル機能は、データベースを管理する場合にとても便利な機能です。今回は、そのテーブル機能をvbaで作成・解除・設定する方法を説明いたします。 テーブルでは通常オートフィルタ矢印ボタン( ボタン)が常に表示されていますので、オートフィルタ自体を解除するのではなく「2列の目の絞り込みだけを解除」します。そのときは、列位置を表す数値だけ … Excel VBAでフィルタの絞り込みを解除する. こんにちは、フリーランスエンジニア兼ライターのワキザカ サンシロウです。 皆さんは、vbaでフィルターを使ったことがありますか?フィルターを使うと、お手軽にデータを絞り込むことができるので便利ですよね。 ただ、既にフィルターが設定されているときは意図しない動きになってしまうときがあります。そこで今回は、 ExcelVBAを使って、フィルタで絞り込んだ内容を解除する方法です。 VBAコード. ピボットテーブルのフィルタ解除(クリア) Sub Sample() ThisWorkbook.ActiveSheet.PivotTables(1).ClearAllFilters End Sub ※ワークシート内にピボットテーブルが存在しない状態で、上記のマクロを実行するとエラーになります。 If Worksheets(“シート名”).FilterMode Then Worksheets(“シート名”).ShowAllData MsgBox(“フィルタを解除しました。”) End If ピボットテーブルのフィルタ解除(クリア) Sub Sample() ThisWorkbook.ActiveSheet.PivotTables(1).ClearAllFilters End Sub ※ワークシート内にピボットテーブルが存在しない状態で、上記のマクロを実行するとエラーになります。 excelの機能でデータベースを管理する場合、とても便利な機能でテーブル機能があります。このテーブル機能は、データベースを管理する場合にとても便利な機能です。今回は、そのテーブル機能をvbaで作成・解除・設定する方法を説明いたします。 フィルタ解除して全データを表示(ShowAllData メソッド) ShowAllData メソッドで、AdvancedFilter メソッドや AutoFilter メソッドによって抽出が実行されている状態の時、フィルタモードを解除してすべてのデータを表示する方法と使用例