猫の爪の根本にあるピンク色の部分には、血管と神経が通っています。当然、誤って切ってしまうと痛みと共に出血もあるので、注意するようにしましょう。 犬や猫の爪切りは、深爪しないように気をつけて切る必要が私たち人間以上に重要なんです。なぜかいうと犬や猫の爪には血管や神経が通っているからです。深爪しないように注意しなくてはいけない犬と猫の爪切りですが、もし深爪させてしまった時の対処法をご紹介します。 猫の爪が厚くなったり、太くなったりするのはどうしてでしょうか?本記事ではその理由を解説しています。高齢猫に多い巻き爪のケア方法も解説。白く濁ったような爪をしている猫ちゃんの、古い爪を剥がして健康をキープしましょう。 猫の爪が伸びるのを放置して、巻き爪になってしまうと、肉球に食い込んでしまいます。さらにひどくなると、肉球に刺さって出血したり、傷口が膿を持ったり、腫れたりする危険性もあります。 猫も巻き爪になることがあります。その原因、放置すればどうなるかも知っておきましょう。爪の切り方についても解説していきますので、是非飼い主さんが爪切りをマスターしてあげてください。巻き爪になった時の治療費も参考にしてくださいね。 2.猫の爪の構造を知ることが爪切りの第一歩. 猫は爪とぎだけでなく爪切りが必要です。伸ばしっぱなしで爪が死んでしまうと病院での治療が必要になりますし、眼球を傷つけてしまうかも。爪を切る時の体勢や切る位置などのコツを知れば、嫌がる猫も安心して爪切りさせてくれますよ。イラストつきでわかりやすく解説します。 猫が爪を噛んでいるのをみたことはありませんか?本記事ではその理由を4つ解説しています。放置してしまうと、大変なことになる病気もあります。やめさせるべきか迷っている方は、読んでから飼い猫の爪をチェックしてあげましょう。 猫の巻き爪とは? 猫の爪はとても鋭く、内側に湾曲した形をしています。そのため、 爪切りをせずに放置していると、巻き爪になってしまうので注意が必要です。 猫が巻き爪になったときの症状 2.爪が常に短い まめに爪切りをしている場合、 爪がいつも短いため 爪とぎをする必要がありません。 3.爪が長すぎる 爪が長すぎて、 爪とぎしない猫もいます。 4.もともとの性格 爪とぎをしない性格の猫もいます。 5.ストレスフリー まれに、いつもは隠れている猫の爪が出っぱなしになっていることがあります。 こういう時にはどういう状態が考えられるのでしょうか。 そうした猫の爪が出っぱなしになっている時の原因と対処方法についてまとめてみました。 子猫の爪 … 猫は基本的に前足の爪5本、後足の爪4本です。 この内の前足の親指は、他の爪がある場所とは若干離れた場所にあるため、切り忘れをしてしまいやすいです。 普段から全ての爪を適度に切るようにしましょう。 自分でやる巻き爪の切り方.